menu
型枠メーカー・製品紹介メディア 型work » 鋼製型枠取り扱いメーカー » 松阪興産

松阪興産

松阪興産の型枠

松阪興産は、土木・建設資材事業やコンクリート二次製品事業、建設事業、農業事業、ITシステム事業、太陽光発電事業、損害保険事業を展開している会社です。コンクリート二次製品鋼製用型枠では、製品形状や構成などさまざまな要望に沿った設計・製造対応をしています。

松阪興産の特徴

松阪興産のコンクリート二次製品鋼製用型枠生産では、幅広い設備をそろえています。指定された任意の形状に金属板を切断し、穴あけ、ケガキをレーザー加工機(FOMⅡ-3015NT)で行います。加工可能板厚は鉄0.6~22mm、ステンレス0.6~6.0mmと幅広く対応可能。設定値は1μmから設定可能なため、高精度かつ高品質の加工品を提供できます。

またDWGやDXF等の電子データをもとにして加工用NCデータを作成できるため、電子データの活用により作業時間を約1/3削減可能です。これにより、短納期での対応もできます。

導入しているプレスブレーキにより、板厚9.0mmまでの曲げ加工も可能です。角度センサーを採用し曲げ加工を行うことにより、高精度の曲げ角度・通り精度を実現できます。プレスブレーキ本体とCAD/CAMをネットワークでつなげることで段取り・曲げの可否判断ができ、金型の型替えなどの段取りや加工時間の短縮が可能です。

バンドソーという設備では、H鋼・溝形鋼・丸鋼などのさまざまな種類の鋼材切断が行えます。任意の長さでの直角切り、角度切りにも対応可能です。

このように幅広い設備をそろえているため、要望に沿った鋼製型枠の製造が期待できます。

松阪興産の技術について

松阪興産の技術力に関する記載は見つかりませんでした。

松阪興産の施工事例から見る対応建設物

松阪興産の公式HPには施工事例が掲載されていませんでした。

コンクリート二次製品鋼製用型枠生産では、主に以下の製品を扱っています。

コストカットにつながる!
建設物別で選ぶ型枠メーカーはこちら

松阪興産の会社情報

システム型枠は建設物で選ぶ

コンクリート二次製品鋼製用型枠生産のための幅広い設備をそろえている松阪興産。地域社会の信頼に応え、価値ある製品を提供することによる地域社会への貢献を経営理念としています。

当サイトでは、建築物の種類や型枠の素材を基準にしたおすすめのシステム型枠メーカーを紹介しています。型枠メーカーを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

建設物別におすすめのシステム型枠メーカー3商品を紹介!
建設物別
おすすめのシステム型枠メーカー
3商品を紹介!

選定基準として、2022年2月1日時点において「型枠パネルメーカー」でGoogle検索した型枠製品を扱うメーカー55社の中から、下記条件の型枠メーカーをピックアップしています。

・作業効率性として:システム型枠であること
・転用回数の優位性があるものとして:プラスチック製もしくは鋼製であること
・信頼性として:HPで施工実績が分かるもの

さらに施工事例から対応している建設物の多さから判断し、住宅・ビル・土木に選別。建て込み時の工数がより簡易なものをおすすめとしています。

ビル建設
このシステム型枠メーカー
ガッチ
株式会社フォービル
ビルイメージ
特徴
  • ブロック玩具のように簡単に組めて時間短縮になる
  • 自社使用で7年(※)転用実績のある、腐食しないFRP素材
  • 木製パネルと組み合わせて使えるから汎用性が高い
住宅建築
このシステム型枠メーカー
Gパネル
元日マテール株式会社
住宅イメージ
特徴
  • クリップで簡単に止められるので熟練工でなくても対応可
  • 寸法精度が高く、補修の手間が少ない
  • 開口の寸法が正確で、サッシの取り付けが楽
土木建設に
このシステム型枠メーカー
フラットフォーム
株式会社ニッケンフェンス
アンドメタル
土木イメージ
特徴
  • 土木分野のコンクリート構造物の鋼製型枠として豊富な実績
  • 対応部位に応じた規格品がそろっている
  • 鋼製で、長く転用できる

※2022年2月1日時点

ピックアップ関連記事