menu
型枠メーカー・製品紹介メディア 型work » 型枠業界の課題

型枠業界の課題

型枠業界の課題として、業界の人材不足、型枠転用によるリスク、型枠残材の産業廃棄物処理について説明しています。型枠業界は若手を中心に人材が不足しており、高度な技術や経験を要することから熟練工に頼らざるを得ない現状。

また、型枠の転用はコストダウンが可能である一方で、仕上がりに影響を及ぼすリスクがあります。さらに、費用が発生する型枠残材の産業廃棄物処理方法についても紹介。それぞれの課題の対策案も併せてまとめています。

おすすめのシステム型枠メーカー比較へ

人材不足の型枠業界

型枠業界の人材不足について紹介。型枠職人をはじめとして建設業就業者数は、年々減少傾向に。なかでも29歳以下の若い年代の就業者は全体の11%ほどとなっており、若者の肉体労働離れが進んでいます。

そのため、型枠業界においても経験や技術を積み重ねた熟練工に頼らざるを得ない状況があり、そうでない場合でも仕上がりの品質に熟練度の違いによるばらつきが生じることも。このような人材不足の現状と対策案について紹介しています。

型枠転用によるコストダウンとリスク

型枠転用によるコストダウンとリスクについて紹介。転用が可能な型枠を使用すれば、買替回数を減らすことにより型枠施工コストを大幅に削減することができます。また、施工性にも優れているシステム型枠であれば、作業効率アップ、工期短縮により、人件費や建設費を抑えることも可能です。

木製型枠、金属型枠、それぞれで仕上がりのコンクリート表面に悪影響を及ぼすリスクのほか、型枠の転用回数をできるだけ増やすための対策についても紹介しています。

型枠残材の産業廃棄物処理

型枠残材の産業廃棄物処理について紹介。型枠の残材は、通常は素材によって木くずや鉄くず、廃プラスチックなどの産業廃棄物として、産廃業者に依頼して適切に処理しなければなりません。

一方で、型枠の素材、耐久性によっては、リサイクルして活用することもできます。長く使える型枠なら廃棄物の発生を抑えるだけでなく、処理費用を削減することも可能。型枠残材の処理の方法やSDGsの取組にもつながるリサイクルなどについて説明しています。

建設物別におすすめのシステム型枠メーカー3商品を紹介!
建設物別
おすすめのシステム型枠メーカー
3商品を紹介!

選定基準として、2022年2月1日時点において「型枠パネルメーカー」でGoogle検索した型枠製品を扱うメーカー55社の中から、下記条件の型枠メーカーをピックアップしています。

・作業効率性として:システム型枠であること
・転用回数の優位性があるものとして:プラスチック製もしくは鋼製であること
・信頼性として:HPで施工実績が分かるもの

さらに施工事例から対応している建設物の多さから判断し、住宅・ビル・土木に選別。建て込み時の工数がより簡易なものをおすすめとしています。

ビル建設
このシステム型枠メーカー
ガッチ
株式会社フォービル
ビルイメージ
特徴
  • ブロック玩具のように簡単に組めて時間短縮になる
  • 自社使用で7年(※)転用実績のある、腐食しないFRP素材
  • 木製パネルと組み合わせて使えるから汎用性が高い
住宅建築
このシステム型枠メーカー
Gパネル
元日マテール株式会社
住宅イメージ
特徴
  • クリップで簡単に止められるので熟練工でなくても対応可
  • 寸法精度が高く、補修の手間が少ない
  • 開口の寸法が正確で、サッシの取り付けが楽
土木建設に
このシステム型枠メーカー
フラットフォーム
株式会社ニッケンフェンス
アンドメタル
土木イメージ
特徴
  • 土木分野のコンクリート構造物の鋼製型枠として豊富な実績
  • 対応部位に応じた規格品がそろっている
  • 鋼製で、長く転用できる

※2022年2月1日時点

関連記事一覧